みなさん、こんにちは。今回は、スポーツコード・バージョン11(V11)で作成したパッケージを「Hudl Sportscode」で開く方法をご紹介します。

既に「Hudl Sportcode」をお使いの方は、もうお気付かとは存じますが、現在の「Hudl Sportcode」は、「バージョン1」ではなく、今までのスポーツコードの流れを引き継いて「バージョン12」となります。ですので、今後「Hudl Sportcode」と言ったり、「バージョン12」と言ったり、「V12」と言ったりするかもしれませんが、「同じなんだなー」とご理解くださいましたら幸いです。

では早速…。V11で作成したパッケージをV12で開く方法は、とても簡単です。ちゃんとメニューも用意されていますのでご安心を。(超優しいー)

「メニューバー」>「ファイル」>「V11パッケージの変換」を選択します。開いたウインドウで変換したいパッケージを選択し「コンバート」をクリックすると、V11パッケージは残したままで、新しくV12のパッケージが作られます。あとは出来たパッケージを開くだけ。とても簡単ですよね。どんどん、V12に変換して「Hudl Sportscode」を使いましょう。

ただ、一つだけご注意が。この「V11パッケージの変換」は、スポーツコードのパッケージは問題ないのですが、ゲームブレーカープラスのパッケージはそのままでは変換が出来ないのです。(すみません)

では、「どうすれば良いかって?」「はい。お答えします。」

ゲームブレーカープラスのパッケージの拡張子は「.GBpkg」ですが、これを「.SCpkg」へ書き換えるだけです。この一手間だけであっという間にV12へ変換できる様になります。料理でも一手間を掛けると美味しくなりますよねー。
   

さあ、早速やってみてくださいね。

Hudl Japan 水野英治